経営次進塾とは

経営者に不可欠な知識とは ~ 経営者が学ぶことの意味

経営に必要な知識のフィールドをすべて一度に学べるとしたら…

石原明

こんにちは。経営コンサルタント、日本経営教育研究所 代表・僖績経営理舎株式会社 代表取締役の石原明です。


私はこれまで、「業種や業界、規模を問わずに、伸びていく会社をさらに伸ばす」という少し特殊な経営コンサルタントとして、本当に多くの経営者の方々と深く関わりながらお手伝いして来ました。 その中で、何年も前からずっと、非常に強く感じていたことがあります。


それは、実際の会社経営に必要な知識やノウハウのすべてのフィールドを学べるような、若手経営者をきちんと育成する場が必要だ、ということです。


なぜなら、中小企業の経営者、中でも特に後継者として会社経営を任される2代目社長などは、経営の全体像が見えないまま、誰からも正しい経営や経営者のあり方を教わらないままに、いわばぶっつけ本番で経営トップとしての日々の戦いへと突入して行かざるを得ないからです。

もしも経営者になる前に、経営に必要なすべての知識のフィールドを学び、経営の全体像をつかんでおくことができたとしたら…。

  • 自社が置かれているビジネス環境を見通し、マーケットの動向を正しく掴んだ上で、強みを活かした戦略を立てられる様になります。
  • 自社の財務状況(B/S、P/L、キャッシュフロー)を自分でチェックしつつ、お金の不安がない経営ができるようになります。
  • 自社のビジネスと組織の発展段階に最適なヒト・モノ・カネの配分を計画的に行えるようになります。
  • 人材の採用や教育、役職者の育成といった組織化をスムーズに進めることができ、社長が現場を離れて経営に専念できます。
  • 企業がある段階を越えて発展すると突然降りかかってくる様々な経営上のリスクに、あらかじめ備えることができます。
  • 知識面のベースができるので、経営者として自信を持ってリーダーシップを発揮し、説得力を持って社内をまとめて行けます。
  • 本来しなくて済むハズの余計な悩み・苦しみを抱え込むことなく、経営という仕事を楽しみながら、スムーズに会社を発展させることができます。

少なくとも、私がこれまでにイヤというほど見せられてきた、「知らなかった」というだけの理由で起こってしまう経営上の失敗のほとんどを避けられるようになります。


しかし、このような経営を行えるための知識面のベースがある状態でスタートできる経営者は、ほぼいないというのが現実です。

学んで来た知識がまったく役に立たない!と分かったとき

後継者でも起業家志望でも、ほとんどの方は、経営者になる前に色々な方法で経営を勉強しているものです。これは真面目で責任感の強い方であればあるほどそうで、経営に関する本を読む、セミナーに参加する、2代目であれば先代の創業社長の背中を見ながら現場で学ぶ(盗む?)・・・など、自分なりにできる範囲で経営に関する知識を身につけようと、一生懸命に努力を重ねています。


しかし、そのようにして得た知識やノウハウは、いざ経営者としての立場に立たされた時、ほとんど使える知識として自分の中に残っていないものなのです。


本人が実際に経営者となり、そのことを思い知らされた時には、愕然として途方にくれてしまうか、ただ目の前の仕事に没頭し、それが経営者として自分が果たすべき役割かどうか考えることすら止めてしまうか・・・。実際、こんな状態に陥ってしまっている経営者に、私はこれまで、もう思い出せないくらい数多く出会ってきました。


そういう現実を目の当たりにする度に、私はこれから会社経営を担う経営者予備軍の方々に、経営に現実的に役立つ形で、経営に必要な知識やノウハウを教えられる場を作りたい、という気持ちを強く持つようになったのです。

今ほど経営が面白い時代はない!このことも伝えたい!

・・・と、少し暗い話が続いてしまいましたが(笑)、私が若手経営者を育成する場で伝えて行きたいこととして、「今ほど経営が面白い時代はない!」ということがあります。


このことは、特にこれからの新しい経営を担う方々に分かっていただきたいことなのですが、今という時代は、インターネットの普及その他、ビジネスの環境そのものが10年前とは比べ物にならないほど整ってしまった時代だということです。


これは、強いビジネスモデルとマーケティングのしくみが作れて、組織化や財務、リスクマネジメントなど、企業を成長・発展させるために必要な経営上のフィールドを正しく押さえている経営者であれば、どこまででもビジネスを延ばしていける時代になった、ということです(なんだかわくわくしてきませんか?)。


私はよく「経営とは自分のアイディアで世の中を動かすこと」とお話ししますが、経営者にとって、これほどエキサイティングな時代はなかったのではないかと思います。


こんな「今、経営者としてビジネスができることの楽しさ」といったようなことも、若い経営者の方々に是非直接お伝えして行きたいと思い続けていたのです。


そんな気持ちも膨らませながら、とにかく1日も早く、次の世代を担う経営者をきちんと育成できるスキームを作りたい、と考えて、いろいろなアイディアを暖めては来たのですが…。私は、それを実現させるに当たって、いつも同じ問題に行き当たり、どうしてもそこをクリアできずにいたのです。

資料請求・お問い合わせ 経営次進塾NextCollegeの詳しい資料をお送りします。また、塾長の平居、特別講師の石原と直接ご面談をご希望の方も、こちらで承ります。まずはお気軽に、今すぐお申し込みください。

このページのTOPに戻る