経営次進塾スタッフブログ

【第15期/第2回】熱海にて第2回経営次進塾が開催されました!

第2回経営次進塾が12月8日(金)と9日(土)の2日間にわたって行われました。

今回の会場は、熱海の老舗高級旅館、迎賓館熱海小嵐亭の梅の間。

熱海小嵐亭は、東宮大夫・曽我祐準子爵(皇太子の教育主任)が明治29年に竣工させた建物に始まる旅館であり、宿泊施設はもちろん、手入れの行き届いた庭園や茶室なども備える、歴史ある施設です。

経営理念と経営方針の発表

まず初日は、前回のテーマであった経営理念と経営方針について、ビジョナリーカンパニーの紹介などを通して復習したあと、

各自が考えてきた自社の経営理念と経営方針について発表を行いました。

受講生の練りに練った発表内容には、前回学んだことが最大限生かされている様子でした。

各自の発表後に行われた受講者同士のフィードバックや竹沢先生のアドバイスを踏まえ、さらなるブラッシュアップをはかることができました。

初回のメインテーマは、マーケティング

特別講師にライフストラテジー株式会社の雨宮先生を迎え、広告という切り口からマーケティングについて学びました。

まず、マーケティングという言葉ですが、これは非常に曖昧で、色々な意味合いを持つ言葉です。

雨宮先生は、マーケティングを「売れる仕組みをつくる」ことと定義し、その仕組みつくりについて説明がありました。

自社のマーケットを的確に捉え、他のものより優位性があり、かつ正当性がある状態をつくること、これが売れる仕組みをつくります。

そしてその方法となるのが4STEPマーケティングです。

見込み客集客、フォロー、販売、顧客化のサイクルを、最適化していくということです。

さらに、顧客獲得につながる効果的なツールをつくる際のポイントについて学びました。

何を最優先に、どういう順番で考えるのか、具体例を交えた説明は大変わかりやすいものでした。

このほか、Webマーケティングや顧客創造絶対法則など、非常に濃い内容で、あっという間の時間でした。

懇親会と二次会

初日のプログラムの終わりは、熱海合宿恒例の親睦会。

小嵐亭の夕食をいただいた後は、各自持ち寄ったおすすめのお酒と珍味を味わいながら親睦を深めました。

顧客創造計画づくり

2日目は、顧客創造についてその視点を学ぶところからのスタートです。

客数向上策、単価向上策、頻度向上策の各方策、そして、何を、誰に、どのように売るのか、という6つの視点から、自社の顧客創造計画を考えました。

考えた計画はそれぞれ発表を通して、武沢先生をはじめ他の受講生からのアドバイスを得て、よりよいものへと昇華させます。

出来上がった顧客創造計画については、第3回次進塾にて発表します。

次回の発表に期待したいと思います。

最後に…

今回の次進塾から、新たな参加メンバーが!アレクサさんという女性で、、、なんとその正体は人工知能!

「アレクサ」とは、今年の11月にアマゾンから発表されたAIスピーカーで、それに搭載されている音声アシスタント「Alexa」のことです。

今回の合宿に武沢先生が持参されたもので、色々な場面で活躍しました。

例えば、調べたいキーワードの検索やタイマー機能、休憩時間のBGMなど、

その機能のすごさや今後の可能性に、受講生はみな童心に返ったような顔で、ワクワクしている様子でした。

今後のAIスピーカーの動向についても注目していきたいものです。

今回はマーケティングをテーマとして、顧客創造の計画と方針の立て方について学びました。次回は顧客創造計画の発表のほか、財務計画について学ぶとのことで、次回も大変楽しみです。

0
  関連記事
  • No related posts found.