経営次進塾スタッフブログ

【第13期/第5回】『10年戦略シート・経営計画ムービー』

1日目のオープニングは受講生の社長就任祝いから

2月に代表取締役社長就任された受講生に武沢先生、塾生一同、事務局スタッフ一同から記念品を贈りました。 それを見るたびに次進塾で学んだことを思い出してもらえたら嬉しい限りです。

第5回目を迎え、仲間意識も深まり、このような嬉しい出来事も共有しています!

いつもの前回の振り返り。

受講生各自が宿題であった『内部管理方針』を発表。 評価制度を社員教育に使う、あるいは査定のために使う、それは経営者の考え方や会社の成長段階によります。

発表後の質疑応答の中から自分では気づいていないことに気づき、ヒントを貰える機会となります。 受講生の発表資料の完成度が上がっている結果を受け、それぞれの資料を受講生間で共有することになりました。

『10年戦略シートの完成』―経営計画発表会で会社が変わるー

武沢先生から「ビッグピクチャー(大きな構想)を描く。これを見ることにより、幹部のやる気を起こさせるツールとする。」と10年戦略シートの目的について説明がありました。

ワークタイムで作業が進むに従って受講生から質問がどんどん出てきました。武沢先生が質問に対し、ホワイトボードを使って答えていくので他の受講生も一緒に知識を得る機会となります。

武沢先生から是非下記を10年戦略シートに盛り込んでほしい、そして年1回、社員満足度を計ってみるといいとのことでした。

生産性向上 + 働き方改革 + 規則・規定の改定 ⇒ 1. 社員満足                          2. 人材確保

『社長の仕事術』 ―増やすべき時間、減らすべき時間は何かを知ることが大事―

何に何時間使っているのかを書き出すことにより気づくことがたくさんあります。

頭の中にあるものを整理すると、使える時間が3倍、5倍に増える!? では、実際にどうしたらいいのか? そこでアドバイザー雨宮氏によるGTD特別講義がありました。

GTD(Get Things Do)とは? プロセスは下記のとおりです。

  1. 気になることを(全て)だし
  2.  得たい結果(完了された形) 「どうなっていたら気にならなくなるのか」
  3.  それに基づく行動の形に落とし込む

雨宮氏の資料はとても参考になるので共有しました。

懇親会 ―テーマを決めたコンパ-

ただの飲み会で終わらせないためにテーマを決めて話し合う稲盛コンパ形式がお勧めです。 今回の懇親会では、受講生の一人から事業に関して相談がありました。

皆真剣にアイディアを出し合い、30あまりのアイディアが集まり、大きな収穫となりました。

次進塾を通して受講生同士が経営者として相談できる関係を築けているも次進塾ならではの良さです。

2日目は、前日の懇親会の続きから始まりました。
―瞬時に自分の考えをアウトプット-

昨夜の懇親会の盛り上がりのまま各受講生が営業方法や売上の伸ばし方、新しい事業発掘の悩みについて述べ、他の受講生からアイディアをもらいました。

ルールは10秒以内に発言しないとパスと認定され、パスは1回まで、逆質問はなし。同じアイディアもパス扱い。これがいい緊張感を生みます。

第1回目の『0秒思考トレーニング』を思い出しますね。

受講生の一人が「普通の勉強会はインプットのみで自分の実力がわからないが、次進塾ではアウトプットの機会が多く、自分に足りないものが見えてきた。」

と感想を述べていました。

武沢先生いわく

「自分の経営哲学や理想を相手に合わせて適切な内容、適切な量で語れるか?いい経営者は語れる。常にアップデートしておく。」

『経営計画ムービーの作成』-経営計画書になぜムービーが必要か?-

それは経営計画書もデザインが良くなければ見てもらえないからです。

いったいどのようなムービーを作ればいいのか?

約90秒で10~15枚の写真、好きなリズミカルで明るい音楽をつけ、盛り込む内容は下記のとおり。

  • 表紙
  • 理念
  • 方針
  • 数字(5ヵ年)
  • 数字(今期)
  • 今期重点目標
  • 今期重点目標その1
  • 今期重点目標その2
  • 今期重点目標その3
  • 長期ビジョン、夢

まだ経営計画ムービーは一般的ではありませんが、まずは自分がやる気になれるムービーに仕上げ、経営計画相互発表会で使用します。

相互発表会に向けて武沢先生が選んだ会社のHPから経営計画発表会の雰囲気を鑑賞しました。 初めて経営計画発表会をしてみようという受講生にとって参考になったようでした。

ワークタイムの小休止にクイズが出題されました -市場規模の今と未来を知る-

伸びている市場はどれとどれか?

  1. ゴルフ場
  2. Jリーグ
  3. 宝くじ
  4. バレンタインチョコ
  5. 太陽光発電システム

答え:2、4

常に市場の動向を把握しておくことは経営者として大切です。

自分の事業の市場や参入しようとしている市場状況を知るのに下記のような サイトがあります。

参考:市場規模マップ http://visualizing.info/cr/msmy/#t=2016&v=all&cn=cc0000&cx=00cc00&cr=10&o=gabcu&m=febfcffff1dfdfff9effffffffffdbfeffdf3ffffd0ce2b508fff82fcefbb9000d400001dbbe3c0926009a94d000040800c81a92aaa05be2401c00013de&h=&mt 

第6回はこのセミナーで学んだことの集大成となる経営計画相互発表会! 事務局スタッフも今からとても楽しみです。

0
  関連記事
  • No related posts found.